はちみつを使ったお料理アレコレ


今回のお料理はコチラ

栄養ドリンク


材料 (コップ4杯分)
-------------------------
オレンジ1個 (中〜大玉)
リンゴ 中玉
半分 人参 1/3〜1/4
セロリ 1/2〜1/3 茎
ほうれん草 4〜5葉
玉ねぎ 中球 1/8〜1/10個
水 500cc はちみつ 大匙2杯
レモン 少量



step1


オレンジ、りんご、人参、玉ねぎ、セロリ、ほうれん草などは洗って、皮などをむき、種をとり、細かく切って(役2センチ角)ミキサーに入れる。

水と蜂蜜を加えて、ミキサーのスイッチを入れて役1〜2分かける。


step2


野菜が完全に砕けるように、最初は何度かミキサーのスイッチを入れたり、切ったりして、上にある固形物が沈むようにしてください。甘さが足りないときは、更に好みの分量を加え、レモンも少量加えて、完成

青臭さや玉ねぎの生くささを控えたいときは、それらの(野菜)の分量を減らして作って見てください!

他の果物との組みあせも自由に考え、自分だけのスペシャルドリンクを作って見てください。




その他の楽しみ方

ヨーグルトに入れて

プレーンのヨーグルトに好みの甘さになる分量を入れて、混ぜて召し上がってください。
弊社では、活性純粋はちみつを出来るだけ非加熱で食することを奨めています。出来るだけ多くのミツバチ酵素を取り入れてもらい、皆さんの健康増進に貢献できればという立場からです。 特に、ロシアやブルガリアの長寿村では、はちみつと乳製品を多く取り入れていることが近年の研究調査で判明していますし、特に乳酸菌などは腸の働きを活性化し、又、ミツバチ酵素の未消化成分を分解する力があるのでダブル効果で健康維持!



古米をおいしくいただくために

3合の古米を研いで普通にお米をたくように準備して、小さじ1杯のはちみつを加えて炊きます。
はちみつがお米のグルタミン酸を引き出し、おいしさをアップしてくれます。



コ−ヒ−や紅茶に入れて

砂糖代わりにコ−ヒ−や紅茶に入れて召し上げって見てください。  
主役の香りやまろやかさも失わずしておいしく召し上がれます。

topへ